Rika Hagiwara

RIKAVOICE

2012年11月

ポカポカ〜(*^o^*)

ポカポカ〜(*^o^*)
ポカポカ〜(*^o^*)
ポカポカ〜(*^o^*)
今日の誉められメニュ〜は、生姜をたっぷり使った一品o(^-^)o

人参、蓮根、お揚げに生姜をたっぷりすり下ろし、だし汁で水分なくなるまで炒め煮。
仕上げに、三ツ葉をサクッと入れて、鰹節と昆布醤油で軽く味を整える。
仕上げに、九条ネギとゴマをかけて簡単出来上がり〜(^_^)v

生姜は、一年を通して使うけど、特に風邪も流行っているから食で予防しなくちゃね!
体も心もポカポカに〜(*^o^*)/

濃色ネイル☆

濃色ネイル☆
濃色ネイル☆
濃色ネイル☆
この冬のネイルカラーは、濃色がトレンドだとか。

ヌードカラ〜にもちょっと飽きた傾向か、マットでダークな色が人気。
私はずっとナチュラルだったけど、クリスマス近い雰囲気に負け、マットなワインレッドのフレンチに挑戦!
薬指には、大きめのクリスタル・ストーンをシンプルに(*^o^*)

馴染みのネイリストいわく、「女性は、爪の色で性格も変わるんです」と(ρ°∩°)?

ならば、大人色で女子力アップなるか!長年の脱ナチュラルカラーだ!!

完成後、必ず主人が「爪見せて!」
そこで決まる判定ドキドキ(≧∇≦)

主人の一言「何これ…」( ̄・・ ̄)

ガビ〜ン!?(≧ε≦)q

やっぱり、いつものパターンにしておけば良かったな…

冒険は、常にリスクがつきものですね(笑)

幻のパスタ麺?

幻のパスタ麺?
美味しいイタリアンのお店に出会うと色々な学びあり!

これまで、パスタと言えば、乾麺は「ディチェコ」をよく使っていた。
ところが、レストランで頂いたパスタ麺が大変美味しく、思わず店主に質問!(b^ー°)

今日、私達が食した麺は、「ウ"ォイエロ」と言い、ナポリ伝統のパスタらしい(*^o^*)
表面が、ザラザラしていてソースと絡みやすく絶品なのだ。
何やら、最近までイタリア国内でも入手困難なパスタだったとか(^w^)

う〜ん、知らなかった(≧∇≦)
早速、自宅でバジリコパスタを作って、主人の感想は「うまい!」の一言。

日常の外食は、我が家の食卓へのヒントが見つかる☆

お試しあれ!!!(b^ー°)

紅葉〜☆

紅葉〜☆
紅葉〜☆
紅葉〜☆
箱根の山は紅葉してます。
母孝行に、ちょっとお出かけ〜
幼い頃から、よく家族で泊まった思い出多い箱根。
ここ近年、ますます観光客が訪れているという。

ソファから眺める景色は色づき、美しい。

春夏秋冬の季節に、情動を動かされ、親子旅は、懐しい話に花がさく。。。

歳を重ねるということは、どこか切なさと背中合わせになるものかな。

CHIANTI〜☆

CHIANTI〜☆

日本のイタリア料理の発展に、多くの貢献をしたレストラン・キャンティ☆

「子供の心をもつ大人たちと、大人の心をもつ子供たちの集う場所」として、1960年に創業。
三島由紀夫や黒澤監督、ピエールカルダンなど、数々の著名人も訪れた場所。

CHIANTI〜☆

まだ若かった私は、エントランス入り、階段を上がったティーラウンジでお茶を飲むのが精一杯だった(o^∀^o)

ギンガムチェックのテーブルクロスを見ると、あの頃が蘇る(*^o^*)

CHIANTI〜☆
CHIANTI〜☆
CHIANTI〜☆

独自のエスプリで作られたお菓子を懐かしみ、代表するスイーツ「チェリージア」をお取り寄せ(^_^)v
中には、レーズンではなくドライチェリーが入った甘酸っぱいチェリーウィッチ。
米粉が入ってサクサク美味しい〜(≧∇≦)

「僕は、バジリコスパゲティ〜が好きだったな」と、昔話に花がさく。
主人も通うお店だったと最近聞かされ、同じような場所にそれぞれの思い出あり!(b^ー°)

冬の夜も、スイーツ囲み思い出話暖かく。。。

冬の雨。。。

冬の雨。。。
冬の雨。。。
冬の雨。。。
冬の雨は、余り好きではない〜(T_T)
寒さをより強調するかのように降るからだ(>_<)
風も強いので、庭のイスが飛ばないようチェックに外へ出た!
すると…窓越しに主人の笑い声。。。(゜∇゜)
私の庭用傘を見て笑っている(^_^;)

よく、傘のお洒落をする人もいるけど、私の傘選びの第一条件は、とにかく濡れないこと!

どんなに高級感あるお洒落な女性用傘も、絶対に体の一部が濡れる( ̄○ ̄;)
まして、外出先に置き忘れた時のショックはたまらない〜

何で、傘もどきに気をつかわなくちゃいけないのか…そんな思いを経験すると、実用的な選び方になる。
私が日常選ぶのは、なんと!!ゴルフ用の傘(*^o^*)

二人でもOKだし、独りなら尚更スッポリと傘が雨よけしてくれるの〜♪

お庭で使うマイ傘は、ブリティッシュな気分でね(笑)(^_^)v

気分は年の瀬?(・o・)ノ

スタッフが集まり一足早い大掃除〜
p(´⌒`q)
お庭の木々も、枝葉がカットされ冬支度 (^w^)

 
私は今日二回目のご飯作り、メニューは野菜&ベーコンのカポナータ!
ナス、パプリカ、マッシュルーム、トマト、玉ねぎ…あり合わせの野菜をニンニクたっぷりのバージンoilで炒め、ブイヨンで煮込む時に、アスパラを加えま〜す
(^_^)v

 
外回りの掃除は、体も冷えるから、またまたニンニク&バターで焼いたパンを付け合わせ☆

           
          
オニオンスープで、体もポカポカになりますようにo(^-^)o
 
主人の業界は、11月が年の瀬だとか。。
 
今日も1日お疲れ様でした〜
m(_ _)m

香るリラックス☆

香るリラックス☆
最近、オーガニックって流行ってますよね。
行きつけのヘアサロンでも、髪のケアは、オーガニックメイン!

そこで、私の最近のお気に入りは、お部屋を癒し空間にするエルバビーバのリラックススプレー(^_^)v

100%ナチュラルだから、体にも付けられるの。
香りは、オーガニックラベンダー、ローズ、ネロリ〜

何とも言えないナチュラルな空間が広がる(*^o^*)

我が家は、バス&トイレットに使用してまーす(⌒〜⌒)b

お部屋ごとに、香りの演出をすると、家の中にいても、違う世界が広がる感じがいいですよo(^-^)o

オーガニックだからと言って、何でも自分に合うとは限らないけど、用途によって使うのが私流〜(^з^)-☆

デンタルケアo(^-^)o

デンタルケアo(^-^)o
デンタルケアo(^-^)o
今日は月一回のデンタルケアへε=ε=┏( ・_・)┛

街に繰り出す!というテーマ(笑)

以前は、ウィンドウショッピングや、友達とのお喋り会などが目的だったけど
最近は、健康メンテナンスが中心になった(*^o^*)

夫婦でお気に入りの医師がいるクリニックへ、定期的な歯のクリーニング。

年齢を重ねると、互いに助け合う気持ちが増すもの。
ケア目的なら、楽しみを作りながらいざ外出〜(^w^)
ドライブがてら、日常の買い物を済ませ、ランチはイタリアン♪

「どちらが欠けても成立しないよ」主人の言葉は、二人が日々健康であることを願ってのこと!

大きな夢は持たなくても、些細な現実から夢へ繋げる☆

さぁ、これから主人を仕事現場へ送りまーす(o^∀^o)/

日常の食卓〜(^_^)v

日常の食卓〜(^_^)v

朝晩は、めっきり寒くなりましたね(^_^)b

50'sには、寒さは年々辛くなりますわ(^。^;)г

今日の我が家のランチは、パスタ&スープ!
若いスタッフも交えて、「野菜も沢山とってね!」と健康ケア。

イタリアンでは邪道と言われる明太子パスタは、食が進む〜(笑)
しかし、我が家はただの明太子パスタでない。
キノコを、にんにく・鷹の爪・生姜で炒め、昆布醤油でサッと味つけしたものを最後にかける(^O^)

メンタイ森のきのこパスタ〜の出来上がり!!

日常の食卓〜(^_^)v

日常の食卓〜(^_^)v

スープは、大あさりを、にんにく・生姜・コンソメで沸騰させ、薄め塩味でサッと仕上げます。

風邪ひかないよう、健康第一にね(^_^)v

「いつも、こういう食事を食べてるんですか〜?」(ρ°∩°)

スタッフの質問に、嬉しそうな主人の顔が、またウレシ☆

フル〜ツ☆ボート(^。^;)

仕事の打ち合わせに集まった主人のスタッフ達。

頂いたパイナップルのフルーツボードでちょっとtea break☆

「このフルーツ盛り、バブル期のようね!」(笑)(^_^;)

すると、30代、40前半のスタッフは、キョトンとした顔( ̄・・ ̄)フル〜ツ☆ボート(^。^;)
フル〜ツ☆ボート(^。^;)

無理もない…若いスタッフはまだ学生だったはず。
浮き足立った浮世絵のような風景は、今の現実から見れば、百鬼夜行の景色にしか映らないのかもしれない…

「浮世」とは、「憂世」と言い、つらくはかない世の中、変わりやすい世間を意味する。

フル〜ツ☆ボート(^。^;)
フル〜ツ☆ボート(^。^;)
ともあれ、アメリカの大統領選に、一喜一憂する日本の政局報道は、

いかがなものかと(-"-;)

あ〜、心豊かな日本は、何処へ。。。

ここで一句、

「なかんづく パイン食らふは 懐かしき」

(=゜-゜)(=。_。)(^。^;)/(=゜-゜)(=。_。)

初めての野菜(^_^;)

初めての野菜(^_^;)
「外へ出ようか!」と、休日ランチに中華街へ。

若い頃と違い、さっぱり味の中華を好み、馴染みのお店でいつもの席(*^o^*)

野菜メニューは、多めに注文!
今日は、食したことのないオススメをオーダーo(^-^)o

これは、「カイラン」 キャベツ科の野菜料理。
わくわくしながら、口に入れると、

ムム?(・_・)?
主人も、
うぅーむ?(⌒〜⌒)

食感も風味も、確かにキャベツ科。
まるでキャベツの芯だけを食べてる感じ…(T_T)

美しい緑色に魅せられた私達だが、久しぶりに無言(笑)

とりあえず、挑戦してみるものだf^_^;

« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »