Rika Hagiwara

RIKAVOICE

2012年12月

2012→2013

2012→2013
2012→2013
2012→2013
わぁ〜
いよいよカウントダウンね!!
年越し蕎麦食べてまーす(o^∀^o)

年の瀬

今年もあと3日となりましたね(≧∇≦)
一年一年があっという間です。 気持ち良く年越し出来るように、年の瀬ネイルは純銀オーロララメ入りのグラデーションに!

年の瀬

毎回一応にサンプル見てみるけど、やっぱり"シンプル"が一番落ち着く〜V(^-^)V

新年の準備をあれこれしながら、主人にも皆様に向けたミニご挨拶を書いてもらったり何かと忙しい(笑)

年の瀬

私も爪は綺麗になったけど、新年へ向け台所に立ち主婦モードで頑張らなくちゃ!!
性格的に、何事も手を抜けない私ですが、来年はもう少し、いい意味で要領よく!を心がけたいと思ってまーす(笑)(o^∀^o)

皆さんは、どんな年越しかしら?

☆Merry Christmas!!☆

あと何回、大切な人と迎えられるのだろう…(・_・)

0003

子どもの頃、無邪気に楽しんだXmas☆
何故だろう、年齢が増すごとに、どこか切ない気持ちが交える。

夫婦にとってのプレゼントは、高価なものでなくていい、わざわざ準備に時間をかけなくてもいい、何より健康であればこその笑顔がプレゼント!

Ca3j08520001

「何もいらないよー」(^з^)ノ(=゜-゜)
そんな互いの考えには、残りの人生を悔なく燃焼する気持ちで一杯。

Ca3j08820001

「いつもお仕事お疲れさま」と、ささやかな日常品をこっそり自分でギフトラッピングに☆

来年は、主人も忙しくなるから、暫し穏やかな時を過ごしましょう。。。

☆Merry Christmas!!☆

0005

0002_2

 

忘年会!!(*^o^*)

忘年会!!(*^o^*)
スタッフ達とお疲れ様の忘年会m(_ _)m

今年もあっという間に過ぎました(o^∀^o)
色んな人に出会いました。
「感謝」の気持ちを込めて、都内で慰労会の夜。
忘年会!!(*^o^*)
魚が美味しい三宿のお店は、私が20代の頃から通うお気に入り。
忘年会!!(*^o^*)
店主は、もう80歳だけど現役の職人さん。
その奥様は、通院する毎日だけど、日々一緒にお店に出ている。
お二人は、結婚して50年になる話を聞き、ジ〜ンと感動(┳◇┳)

家族で営む風景は、私達の一年の労いと爽やかな空気を運んでくれる。
忘年会!!(*^o^*)
忘年会!!(*^o^*)
今年も一年、お疲れさま〜!!
今宵は、主人もホロ酔い気分で美味しいお酒を(^з^)♪

私?運転手だから、ウーロン茶〜(笑)

誠実で心地よい仲間は、人から人へ伝導し自然に集まるものですね。
たとえ人生の一場面であっても、最高の関わりと仕事をありがとう。

"感謝"

祝☆50年現役!!

私の生まれた1962年から、ずっと現役の英国スター☆ストーンズ。

祝☆50年現役!!

50周年の生放送を世界へ発信♪
久しぶりにTVの前に夫婦でかぶりつき〜(*^o^*)♪

祝☆50年現役!!

こんなカッコいい!!年老いた男達が今も堂々とステージに立つ姿は、刺激的な感動〜\(☆o☆)/♪

Download

主人は、かなりエネルギーも貰った様子(^^)

ありがとー THE rolling Stones☆

今年のリ〜ス☆

今年のリ〜ス☆
今年のリ〜ス☆
今年のリ〜ス☆
今年のリースを選び玄関に飾る☆

クリスマスリースの由来って、諸説あるけど、魔除けという意味合いが強いそうです。
フランスなどは、テーブルに置きロウソクを立てたりするの。日本では、クリスマスムードを盛り上げる演出でもあるわね!(b^ー°)
まぁ、とりあえず、HAPPYな気分になれば良し!かな(笑)

以前から、リースは自分で作ってみたいと思いながら、師走はなかなか忙しい。
特に、我が家は、一日が終わり主人が眠りにつくまで賑やか〜(笑)f^_^;

忙しい毎日だけど、それでも空間のどこかに、一瞬でもふと季節を目に出来るよう、今年も沢山の中から選んだリース☆

さてと。。。年末年始の準備にも、そろそろ取りかからなくちゃ〜!!o(^-^;)o

ワイルドだぜ〜!!(笑)

「男子厨房に立たず!」とは、いつの時代の男の生き様であろう。。。

父は、私が幼い頃に一度だけ、母が外出中にミキサーでフルーツジュースを作ってくれたのが唯一の記憶。
後は、いつも席につき食事が出るのを待つ人であった。

ワイルドだぜ〜!!(笑)

さて、現在の我が家では、お肉を焼くのは主人が上手〜(o^∀^o)

「肉が食べたい!」と突然言っては、にんにくをたっぷりスライスし、豪快にフライパンでジュージュー焼く。

私は横から、栄養バランス考え、野菜をお皿にササッと敷く。
ワイルドだぜ〜!!(笑)
まるで、餅つきの合いの手のように、あくまでも主人の邪魔にならないように(゜∇゜)
ワイルドだぜ〜!!(笑)

時代が変われば、男性のスタイルも様々だけど、男子は厨房でもやっぱり、ワイルドだぜ〜!!がいいわね(b^ー°)

過去・現在・未来

過去・現在・未来

心理学ができ、まだ百年たらず。。。
先人たちの哲学や思想から始まり、現在では、あらゆる心理学が研究されている。
私が学んでいた後期に興味を持ったのは、「ポジティブ心理学」というもの。
「ポジティブ」の言葉は、今や当たり前のように使われてる。
それに対し、ネガティブ心理学を唱わないのは、心理学そのものが、人間という生き物をより理解することで、健全な日々を生きる為の目的があるからだろう。
「人間とは何か?」そんな答えを求め、過去に私も学んでみたが、人間とは…永遠にわかり得ない生き物!という答えを見つけただけ。
それでも多大に意味があったと思う。
最近、「希望の心理学」というものを目にした。
過去と向き合うことで未来へ立ち向かい、未来へ立ち向かうことで、現在を受け取り、現在を受け取ることで、過去を引き受ける。
過去をどのように考え、未来をどのように考え、その上で現在をどう生きるのかというもの。
−−−私達が好きなBBの著書。
彼女は、天真爛漫なお嬢様だったが、現在は動物保護活動に身を投じている。
ハリウッドで活躍してた全盛期でさえ、「私は世界一不幸な人」と綴っている。
そんな彼女自身の言葉や態度、行動までも、世間は楽しんで観ていた。
なぜ?毛皮を身にまとっていた彼女が、動物保護活動家へと一転したのか…
ハリウッドでは唯一の美容整形もしないありのままの老いた姿で活動に勤しむ現在。
その心の内は、世間の人は知るはずもなく、
恐らく、沢山の傷つきと葛藤の物語があったに違いない。
自分が傷ついたからこそ、物言えぬ動物たちに手を差し伸べた。。。
過去のどんな経験も、これからどう生かすかで、未来へ希望をもち、その希望を描いて、現在を努力し明日を夢見る。
そう、人間界なんて、雨の日もあれば、晴れる日だってあるさ。
同じ一生なら、笑う角に福きたり!ってね(^_^)v
過去どんなに傷ついても、それを受け止め、未来へ希望を抱き、そのために今を精一杯いきたいね。
While there is life,there is hope.

priority…

priority…
priority…
priority…
身近なものに目を向けよう。
真っ赤なトマトの色に感動する。

身近なことに目を向けよう。
何気ない風景に、幸せが隠れている。

身近な人に目を向けよう。
鏡となって我が心が映し出される。

目の前の多くのことを見失い、遠くの灯りを追い求めても、それは霞んで見えはしない。

形ばかり描いてみても、砂上の楼閣となり夢と消えゆく。

この世は魑魅魍魎か。
そうではない、それは、弱い心が作り出す醜い世界だ。

小さな息を重ねるより、一度大きな深呼吸をしてみよう。
ふっと肩の力が抜けた時、人生のpriorityが見えてくる。

人は、自分の為に生きているのではなく、自身の為に生きているのだ。

Thay always say time changes things,
but you actually have to change them yourself.
Andy Warho

アートを探してε=ε=┏( ・_・)┛

アートを探してε=ε=┏( ・_・)┛
アートを探してε=ε=┏( ・_・)┛
最近、自然が生み出す素材を見に行く機会がある(・◇・)

これは、「ジュパラナ」という名前の大理石。

幼い頃、確か大理石ブーム?があった時期、家庭にもテーブルや椅子、トレイなどの小物を見かけた記憶がある。
しかし、あの頃はそんな大人の嗜好に全く興味なく、その冷たい素材を好まなかった。
どんなに高級なホテルや美術館などに使用される素材に触れても、今一つ感受性に響かなかった(ρ°∩°)
しかし、海外の古い時代の建築家が残した建物には、モダンアートのような色柄の大理石が使われている。

時代と地域、何かが違う?それは、日本にアートを感じる輸入石の素材そのものが少ない現実。
大理石の種類を追求していくと、「多くの日本人のニーズがないから」で終わる。
もはや、拘り?と言うレベルではなく、少ない種類で納得する感性が現実を作っているような気がする。

「大理石」私がイメージするのは、流れるような一つのアートの石板だ。
与えられただけの小さな小さなサンプルでは創作力も想像力も萎える為、遠くの倉庫まで足を延ばし自然の創造物との出逢いを求めて。。。

物をクリエイトするとは、物語を展開していく力のようなもの。
そして、拘り?とは、自らが限界点にぶつかること。

今、日本の創作力は、与えられるがまま、自らを閉ざしてしまってる。。。!?
Not making sense☆

« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »