Rika Hagiwara

RIKAVOICE

2014年11月

日影茶屋(o^^o)




いつだって「帰ってきた」と思える鎌倉エリア。
ヨット部だった学生時代、ウィンドサーフィン、ダイビングに明け暮れた教諭時代と、常にこの場所を車で走っていた。。
そんな時代から共にある象徴的な老舗。
お菓子など、今やブランド化しているが、和食はとても正統派で、四季折々が楽しめる。



今日は、季節のお弁当。
80を越えた母も喜んでくれ、嬉しいひと時(⌒▽⌒)



三連休、紅葉を観に山へ向かう人が多い中、人の少ない静かな海は、家族の語らいでのんびり時間が流れる。
夕日が沈む水平線に、富士の山影を眺めながら。。。

Beautiful scenery ☆



私の好きな景色。
幾度見ても、飽きない。。
corner balcony で、母と過ごす時間。
20代の頃から通った葉山。
家族の別荘で過ごした学生時代の懐かしい思い出。
あれから、何年経っても、この海の風景は、思い出の中では変わらない。
こんなひと時も、過ぎ去れば、また思い出に変わるだろう。。
今を生きるとは、人生をふと振り返った時、いくつ幸せな時間と思い出を抱いているかだ。

打ち合わせ前ランチ(^.^)

日中も寒くなり、都内の装飾は早くもクリスマス気分(o^^o)


たまにの楽しみ!お気に入りのイタリアンへ。
紅芯ダイコンを、大胆にア〜トしたスープから。いつも勉強になる(^ー゜)


ランチメニューには載ってないけど、いつも頼む温野菜のバーニャカウダ♡
今日は、どんな食材で、どんな彩りを見せてくれるかが一番の楽しみ(⌒▽⌒)


とっておき、旬を頂く生ポルチーニ茸のリゾット!
美味しすぎて、ホッペが落ちると久々に表現したい一品。


生活の基本の「衣食住」は、50を過ぎた頃から私にとって、食>衣>住 になったかな(笑)
CELINEの紺ブレに、真っ白なカシミヤストールをぐるぐる巻きで、お腹も満足!ポカポカ〜
全身の写真を、主人が撮ってくれたけど、ブレてたので自分撮りであしからず…m(_ _)m
では、打ち合わせ、行ってきまーす(^ー^)ノ

ケアの時も身嗜み(^.^)

外気も乾燥し始め、寒くなりましたね。


日本にいる時は、親の病院通いの付き添いも日課のひとつ。
ケアする立場でも、親は娘のその日の服装を何気なく見てるものです。
「そのジャケット素敵ね」とか、「綺麗な色のストールね」とか。。
だから私は、足元は動き易いスニーカーでも、身なりには、なるべく気を配り迎えに。
時代と共に、好む色も少しずつ変わって、最近は、グレー✖️ネービーブルーがマイブームかな!?
主人も仕事の合間には、手伝ってくれ二人で協力し合っての親孝行。
歳を重ねた人生の先輩の姿は、まだまだ元気な私達に、色んなことを気付かせてくれます。

きっと、同世代の皆さんも、私と同じように頑張ってる方が多いと思う。
だからこそ、ブログでそんな日常の今を伝えたい。
大切に、育てて貰ったお返しに、今度は私達ができる中での恩返しですね(^_^)
気負わず、マイペースで行ってきまーす(^◇^)

その国らしさ。。

南国のフラワーアレンジメント。



この国では、欧州人によって創られた社交の場としてのホテルが多い。
しかし、そこに飾られている花々は、茎をむき出しに見せ、英国スタイルとは異なり、高くアレンジされている独特のデザイン。
花の種類も、南国ならではの欄など、色彩豊か。
日本的に見ると、一年中お祭り気分になるような鮮やかさ。
さり気なく迎える花々でも、その国の文化や主張を感じる。
国外へ出ると、我が五感も敏感になる。
豊かさとは、正にそう言うことかもしれない。。。

eye candy〜(*^_^*)☆

日本のヘルシー傾向は、今や日常的。



国外に出ると、そんなことからも解き放たれ、わくわく気分になるのがスイーツ♡



特別なスイーツブッフェでもなく、スイーツパーティでもないが、メイン料理を注文すると、好きなだけ頂ける。



食事をしながらも、スイーツに目が釘付け♡



日本に戻れば、またヘルシー思考の献立に戻るのだからと、滞在中は楽しむべし(笑)



皆さんにも、甘い幸せ♡気分を送ります〜(^ー^)ノ


♡♡♡

絶妙〜☆〜(ゝ。∂)

必ず足を運ぶお気に入りの店♡


現地の知人たちと、会食へ。
久しぶりの再会は、話も尽きず、食も進む。
しかし、今や、リアルタイムで世界中の情報がどこにいても入るし、ライン等で即時にやり取りできるから、
「How have you been recently?」とは、聞かれない(笑)
世界中、距離が縮まったことを、つくづく感じさせられる。。


贅沢にも、一人一品づつ堪能したのは、フカヒレのスープ!
運ばれてくるや否や、店員さんが「スープとフカヒレは、けして混ぜないで食べて下さい!」と、何やら厳しい顔つき。
フカヒレスープなのに、それぞれ別々に味わう?(・_・;
より美味しい食べ方を、教えてくれたにしても、店員さんの余りにも険しい様相に圧倒され、皆、暫し無言で食べ始める。
うん?!その意味は、じっくり味わえば納得(⌒-⌒; )
老舗チャイニーズの醍醐味。喉を通る一瞬の幸せ♡


Satial mobility。。。

この国は、雨季。
世界中、その土地により雨季の様子も味わいが違う。

日本に滞在する間は、国内の生活雑事に追われ、何となく忙しいもの。
しかし、日本の地を飛び立つ瞬間から、不思議なほど解放される。
旅とは、実はその瞬間こそが心地よいのかもしれない。。


何気なく頂く料理も、食材から調味料まで、微妙な味の違い。
国内と同じ料理名であっで、国が変わると楽しみの一つであり、料理のヒントを学ぶ。


女性が好きなパンも、豊富で迷うぐらいの多彩さ。


朝からしっかり頂きまーす(笑)

ここ最近では、国外へ旅する日本人の数は減少しているように思う。
外から、日本を応援しよう。。。

We can freely move in the world…

お気に入りCD♡

音楽は、生活に欠かせないもの♪


時代と共に、サウンドも変化している。
歳を重ねると、昔懐かしい曲だけを聴き、「あの頃は、良かった」的な想いを巡らせる人も少なくない…(u_u)
勿論、私もそんな懐かしサウンド(R&B、ファンク、ブラックコンテンポラリー、AOR など)聴くこともたま〜にあるけど、それとは別に、時代の音で心に響くものも常に探している(^_^)

最近の嗜好は、昔のように、シンガーメインでなく、音♪が中心。
エレクトロで、全ての楽器の音も作れる時代に、アナログだけが、けして良いものでなく、マシンの奏でる音を上手く使って創作されている。
誰が歌っているか分からないところが良い!
あくまでも、主役は、サウンド♡
そこに、エッセンスとしての歌声がチラリと。
生活の中で、一日中流しっぱなしの最近のアルバムたち。
「Milano ファッション」シリーズは、ランウェイをモデルさんがウォーキングする時に流すサウンド♪
ファッションを意識してみると、確かに、いつの季節か?伝わる感じ。
選りすぐりのサウンドが、まとまったCDの中で、自分好みを見つけ海外からお取り寄せ。
「これから、音楽を聴くぞー」の時代が終わり、「あら?いい曲…」と、ふと気づくような音の時代に、私のセレクトも変化してます(^ー^)ノ

皆さんは、最近どんな音楽を聴いてますか?

音楽は、心地よい空間をつくるものですね♪

Music is the mediator betweenthespiritual and the sensual life.
Ludwig van Beethoven

« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »