Rika Hagiwara

RIKAVOICE

2017年7月

My husband's birthday!!

Today is my husband's birthday.


We all celebrated his 67th birthday with cake.


お祝いに駆けつけて下さった友でもある各業界のプロデューサーたちと。
50周年を迎え、新たな1年をスタートさせる中、今宵は話しも尽きない。


沢山のスタッフの方々から届けられた様々な心温まる贈り物。
心から、感謝申し上げますm(_ _)m


I truly thank U for your support !!

夏は涼しげに (^_-)

異常気象という言葉をよく耳にする近ごろ。
その原因は温暖化とされているけど、地球の未来に不安を感じるばかりですね。。
とは言っても、この地球で生かされている以上、毎日を大切に、今できることを懸命に。


暑さで体力も消耗する中、食が進むようあれこれ工夫を。
衣服は、どんなデザインが似合うのか?どんな素材が着心地よいのか?
もう十分に自分を知る年齢なので、今はマイペース。
それより、日々の食をどう美味しく頂けるのか?が私の役割の一つ。
Nachtmannのガラス器は、英語で I wear...と書きたくなるほどのデザイン性が好き。
各デザインに名前が付けられていて、
中でも「ボサノバ」は、籐を編み込んだような職人技が魅力♡
カイワレとモヤシを、アグー豚で巻き、ポン酢とゴマのタレでさっぱり頂きます〜


太陽を浴びる季節、ビタミンCは特に意識して頂きます(o^^o)
パプリカは、色によって栄養価が違うのご存知ですか?
特に抗酸化作用の強い赤とオレンジをチョイス!
普段は、赤を使うことが殆どですが、今日は色合いも考えました。


最近購入した調味料たち。このバルサミコ酢は最高〜(^ ^)
切ったパプリカを、バルサミコ酢と白ワインにつけ一晩冷蔵庫で寝かせて出来上がり。
この味付けに塩は、使いません。
我が家でお塩を使うときは、天ぷらを食べる時や、野菜やパスタを茹でるときかな?
汗をかくからと、塩分取りすぎには注意ですぞ(笑)


さてさて、食べたい物が硬くて、噛めなくなってきた親に自家製のぬか漬けを届けにε=┌(; ̄◇ ̄)┘
途中、元気に頑張ってまーす!とご挨拶のパチリ(笑)


自分達が食べるよりも少し長くヌカにつけると、古漬けで野菜が柔らかくなるんです。
更に、噛み易いように人参やミョウガは、薄く薄く切って詰めました。


今思えば「老い」について考えることって全く無かった若い頃。。
しかし、何気ない日常で、これまで普通に出来たことが出来なくなる変化を、
日々の親ケアから教わっている気がします。
人間誰しも歳はとるけど、それと比例して得るものも沢山ある。
人は産まれた瞬間から、歳を重ねるわけで
いつからが老いと呼ぶのか?
どこまでが成長と言うのか?
私は、今日という日がいつも新しいスタートだと考えたい。
人間は、万物の霊長なのだから。

しかし、生きることの大先輩、46億歳と想定される地球も、今や環境の変化に年々きっと苦しんでいるはず。
地球も人も、人間の優しさや愛情で、その苦しみを少しでも和らげることができたらと。


That said, "what can I do, here and now?"

Bye!

お蕎麦のサイドメニュ〜^_^

この蒸し暑さで、食欲はお変わりありませんか?
さてさて、今日は蕎麦好きなお客さまが見えたので、あれこれ考えお料理です。


夏になると、何故かお漬物が食べたくなるお家ぬか漬け〜
いい感じでつかってます(^ν^)


発酵食品は、乳酸菌バッチリ!!免疫効果も上がりいい事だらけ。
祖母から母に、母から私へと使い続ける大切な器に盛りつけです。


蕎麦好きなお客さまのために、蕎麦豆腐を前日から仕込みました。
スーパーで売ってる今の時期の蕎麦粉だと、風味が弱いけど、久しぶりに。


ホワイトの漆器に、ちょこんと盛りつけました。
白ごまとミョウガで、サッパリと(^_-)


メインは、野菜の天ぷら。
試行錯誤の結果、衣はやっぱり卵を入れた方がマイルドだと実感〜
天ぷらの時は、私はひたすら作る人(笑)
出来上がりをすぐ食して頂きたいので、天ぷら屋の女将に徹します(๑˃̵ᴗ˂̵)

作ることに集中して、他の写真撮るの忘れましたが、つけ汁は2種類。
大アサリのつけ汁と、ナメコのつけ汁。
辛味大根をすり、それはナメコつけ汁へお好みで。
お客さまが見えると、お料理も一層ガンバリを貰えるので主人も喜んでくれてます(o^^o)


Food is an expression of Love ☆

See ya !

« 2017年6月 | トップページ | 2017年8月 »